• ホーム
  • 医療オーラルケアは偏頭痛に効果があるか

医療オーラルケアは偏頭痛に効果があるか

携帯を持って考えている美人

偏頭痛は主に女性がなりやすいとされている病です。
頭痛が起こる病で、頭痛には他にも群発頭痛、緊張型頭痛などがあります。
どの頭痛も辛いものですが、特に偏頭痛は起こると治りにくく、辛い症状がでます。
偏頭痛は起こる前に前兆があり、目の前にチカチカした物が見えたり光や音に敏感になったりします。

また、予兆としては甘いものが食べたくなったり眠気を感じたり、むくみ、イライラ、食欲が増すといったことがあります。
この前兆と予兆が見えてから30分から60分ほどで頭痛がおこります。
頭痛は左右どちらかに出ることが多く、脈を打つようにずきずきと痛みます。
ひどくなると吐き気やめまいを引き起こし、日常生活を送るのが困難になってしまいます。

偏頭痛の原因としては季節の変わり目、気圧の変化、寝すぎや寝不足、などがあります。
チョコレートやチーズといったポリフェノールをたくさんとったことで起こる場合もあります。
偏頭痛は一度起こるとなかなか解消されず、ひどい時は1週間ほど痛みが続くため早めの対処が必要となってきます。

偏頭痛が起こらないようにするには日常生活を見直すことが大事になってきます。
脳の血管が拡張することにより神経が刺激され起こります。
また、緊張がゆるんだときにも起きやすく、自分の体調や生活を意識することが必要です。
風邪や歯の痛みなどストレスが原因となることもあるため、オーラルケアをしっかりとし、虫歯がある場合は医療機関を受診するようにします。
歯の痛みを抑えるにはボルタレンという治療薬を使います。
ボルタレンは歯の痛み以外にも、腰痛や神経痛、月経困難症の痛みなど広い用途で使う事ができます。
急な痛みに備えて通販でボルタレンをまとめ買いしておくと安心です。

虫歯は歯が痛いだけでなく、頭痛の原因となっており正しいオーラルケアが大事です。
正しいオーラルケアを身につけるためにも医療機関で指導してもらうといいでしょう。